世界で最も有名なミュージカルの一つである「オペラ座の怪人」は、1900年代初頭にフランスの作家ガストン・ルルーが発表した小説を原作とした作品です。

この原作を基に、多くの映画や舞台作品が世界中で作られ、今もなお人気の褪せない影響力ある作品です。

「オペラ座の怪人」あらすじ

舞台はパリのオペラ座。主人公のヒロインは美しい若手オペラ歌手で、彼女に恋する怪人がオペラ座に住み着いているという噂があった。

ある舞台の上演中、舞台上でトラブルが起き、その隙にヒロインは怪人にさらわれてしまう。オペラ座の地下室に閉じ込められたヒロインは、仮面を被った恐ろしい怪人と数日間共に過ごすこととなる。

ある日ヒロインは、仮面の下のただれた不気味な顔を見てしまう。怪人はそれでもヒロインに自分を愛してほしいと願い、指輪をつけさせ地下室から解放した。

しかし、ヒロインの恋人は、恋人の裏にいる怪しい存在に疑惑を持ち始め…

この物語の魅力

ミュージカル「オペラ座の怪人」の魅力は、素晴らしい音楽と歌を楽しむことはもちろん、恐ろしさと悲恋の入り混じった複雑な人間模様にあると言えます。

人を恐れ、また人を恐れさせてしまう怪人の孤独さ、そして不器用さ、乱暴さの入り混じった狂気、怪人を恐れながらも徐々に哀れみを感じるようになるヒロイン、そしてヒロインを助けようとする恋人の三角関係は、見る者をハラハラさせ、時に切なくさせます。

結末の成り行きは、賛否両論があることでしょう。しかしそれだけ、人の心に沁みるストーリーラインであるということです。