ミュージカルは舞台芸術、映画作品の一ジャンルを指す言葉として浸透しています。では、ミュージカルの定義とは何でしょうか?他の音楽劇やオペラとの違いは何でしょうか?ここでは、そうしたミュージカルの定義にまつわる疑問に答えます。

ミュージカルの定義

一般的なミュージカルの定義としては、音楽、歌、踊り、台詞(芝居)を融合させ物語を表現する作品のことをいいます。

劇場や舞台に限らず、この要素を持っていれば映画作品でも「ミュージカル映画」と呼ばれます。

ただ、物語に音楽や歌、踊りを組み合わせているにもかかわらず、ミュージカルと呼ばれない作品も存在します。

音楽劇とミュージカルの違い

音楽劇と呼ばれるジャンルがあります。こちらも、歌、踊り、芝居を組み合わせているので、ミュージカルと同じに見えるか区別につかないこともよくあります。

音楽劇とミュージカルでは、厳密に明確な違いが定められているわけではないですが、ミュージカルが台詞を歌で表し、芝居を踊りで表すのに対し、音楽劇は台詞は台詞として、芝居は芝居として扱い、歌や踊りを劇中のパフォーマンスとして取り入れていることが多いようです。

オペラとミュージカルの違い

オペラは、ミュージカルの源流となったパフォーマンス形態ですが、ミュージカルとの違いはより明白です。オペラは基本的に歌唱を主な要素として物語が進行していきます。踊りはオペラではほぼ用いられません。

音楽もオーケストラによる生演奏が一般的で、登場人物の思いや感情を歌にして表します。

また、発声法や使われる音楽などもミュージカルとオペラでは子おtなります。