日本国内の有名なミュージカル劇団

ここでは、日本国内で上演している有名なミュージカル劇団について紹介します。

劇団四季

「ライオンキング」「CATS」などで知られる日本を代表する劇団です。現在では700人以上の俳優が所属しており、年間3000本以上もの公演を行っています。国内4ヵ所(東京・大阪・名古屋・札幌)に専用の劇場を持ち、毎回多くの観客を動員しています。

設立は1953年で、初期はミュージカルではなく、歌唱を含まない演劇を行う集団でしたが、1970年代に入ってからミュージカル作品を上演するようになり、一気に知名度を上げました。

「マンマ・ミーア!」や「オペラ座の怪人」「ウエストサイド物語」などのクラシック作品の他、「ライオンキング」「リトルマーメイド」「美女と野獣」などのディズニー作品も多く手掛けています。

宝塚歌劇団

女性が男性役も演じることで有名な女性歌劇団です。花・月・雪・星・宙の5組、無所属の専科に別れており、それぞれの組で、兵庫県宝塚市と東京で公演を行っています。

特に女性からの人気が高い女優が多く所属していることでも知られ、宝塚歌劇団のファンのことを指す「ヅカファン」という言葉も生まれました。

発足は1913年で、現在有名な歌劇団としては最古のものです。日本のミュージカル業界を盛り上げる土台を作った劇団としても知られています。詳しい歴史については、「日本のミュージカルの歴史」の記事をご覧ください。

「ベルサイユのばら」「源氏物語」「ロミオとジュリエット」などの名作から、数多のオリジナル作品まで、古今東西を問わず、全世代の人が楽しめる演目を上演し続けています。