online casino

パイザカジノPaiza Casinoのボーナスはどんなボーナスがあるのか検証!

パイザカジノPaiza Casinoのボーナスはどんなボーナスがあるのか検証! コロナの影響で外出自粛が続いていますが、そんな中、家でも楽しめるオンラインカジノの人気が急上昇しています! 数あるオンラインカジノサイトの中でも、今回はパイザカジノPaiza Casinoにフォーカスしてみました。 現代のオンラインカジノ業界ではなんだか異彩を放っていると言われることがあるパイザカジノ(Paiza Casino)。 そんなパイザカジノの特徴も併せて今回は検証していきます。 パイザカジノ/Paiza Casinoの魅力とは パイザカジノ(Paiza Casino)は、2016年12月に運営を開始されたオンラインカジノで、このパイザとは中国語で特別な通行証という意味があるそうです。 運営開始当初から色々な取り組みを始め、オンラインカジノの常識にとらわれない独自のスタイルで人気を集めているオンラインカジノサイト。 現在は利用できないですが、オンラインカジノ業界で初となる『Ethereum(イーサリアム)』という仮想通貨を使った入出金に対応するなど、チャレンジを続けているオンラインカジノサイトです。 もちろん日本語サポートも充実していて365日24時間対応! 実は365日対応のオンラインカジノは他にもありますが、24時間対応はおそらくパイザカジノだけ! これだけでも他と差別化を図れていますよね。 もちろん取り扱いゲームも業界トップクラス! ライブカジノからスロットまで色々な種類のゲームを遊ぶことができますよ♪ パイザカジノ/Paiza Casino:ボーナス では早速パイザカジノ/Paiza Casinoにはどんなボーナスがあるのかを見ていきましょう! 、、、、、、、、、、あれ? そう、、実はパイザカジノ/Paiza

ライブカジノハウス(Live Casino House)の評判とは?オンラインカジノ

ライブカジノハウス(Live Casino House)はライブカジノに特化したオンラインカジノサイト! 実はスロットの機種や取扱いプロバイダーも豊富にラインナップされていて2.000種類以上のゲームを遊ぶことができます。 そんなライブカジノハウス(Live Casino House)を大検証していきます。 ライブカジノハウス(Live Casino House)の概要 ライブカジノハウス(Live Casino House)は、2018年1月にオープンした比較的新しいサイトです。 その名のとおりライブカジノに非常に力を入れているオンラインカジノサイトです。 ライブカジノの取り扱いプロバイダー数は10会場もあり業界ナンバー1! 業界最大手のエヴォリューションゲーミング社(Evolution gaming)から、 他カジノでは滅多に見かけることのないSAゲーミング社(SA Gaming)やアジアゲーミング社(Asia Gaming)などの珍しいものまで、様々なタイプのライブカジノゲームに対応しています。 まさに、ライブカジノ好きにはもってこいのカジノです。 ライブカジノハウスが力を入れているのは、ライブカジノゲームだけではありません。 取り扱っているスロットゲームの数も業界トップクラスの品揃えです。 日本人プレイヤーに人気のあるクイックスピン社(QuickSpin)や、ユグドラシル社(Yggdrasil)のゲームも提供しているので、どんなプレイヤーも満足すること間違いなしです。 ライブカジノユーザーはもちろんの事、スロットユーザーも楽しむことができるオンラインカジノサイトです。

カジノジャンボリー/Casino Jamboreeの登録方法!画像付き!

カジノジャンボリー/Casino Jamboreeの登録方法のご紹介について カジノジャンボリー/Casino Jamboreeはジパングカジノの姉妹会社です。 他のオンラインカジノとは一味違った、オンラインカジノを体験する事ができます。 以前はプレイテック社のみを採用していましたが、最近追加で複数の有名ソフトウェア会社を採用!そんなカジノジャンボリー/Casino Jamboreeの登録方法はこの記事を参考に! カジノジャンボリー/Casino Jamboree登録方法 カジノジャンボリー/Casino Jamboreeはフィリピン政府から発行されている運営ライセンスを取得されています。  そのほか、毎年外部会計監視機関であるゲーミングラボラトリーズインタナショナル(GLI)から、監視や報告が行われているため、イカサマをしていない、信頼性の高いオンラインカジノだという事が分かります。 カジノジャンボリー/Casino Jamboreeは以前プレイテック社のみを採用しており、提供されているゲームの数が少なかったんですが、最近になって今オンラインカジノ業界で有名なプロバイダーのYggdrasil社、Red Tiger社、Pragmatic play社等後複数のプロバイダーを追加導入する事で、一気に遊べるゲームの種類が増えました。 また、前のカジノジャンボリー/Casino Jamboreeはパソコンからのみ遊ぶことが出来たんですが、今はスマートフォンも対応するようになったので、好きな時間、好きな場所で遊べることが出来るようになりました!  パソコン版はもちろんまだありますが、スマートフォンを使って遊ぶプレイヤーの方が多いかと思います。  もしパソコン版を利用して登録・ベットして遊ばれ、パソコンにカジノジャンボリー/Casino Jamboreeのソフトウェアをインストールしないといけません。 インストールが終わった後、登録が出来るようになっています。 この記事では、ソフトウェアのインストールをしなくても遊べる、スマートフォンの画面を皆さんにシェアしながら、解説していきたいと思います。 スマホ版ですと、サイトの真ん中に「ご登録はこちら」と表示があるので、そちらをクリックして、登録画面を開いてください。 アカウント登録するには、様々な情報を入力する必要があります。

ラッキーカジノ/Lucky Casinoに登録したらまずは入出金方法を確認!

ラッキーカジノ/Lucky Casinoの様々な入出金方法について ラッキーカジノ/Lucky Casinoは、2019年2月に創設されたばかりのオンラインカジノでテーマは、とにかくシンプルなカジノとしてマーケットに登場しました。 とにかくシンプル・イズ・ベストがテーマだからサイトのつくりもとにかくシンプル! とにかく全ての無駄を省き、ただただオンラインカジノをプレイしたいというユーザーに向けてサイトが構成されています。 ラッキーカジノ/Lucky Casinoは、オンラインカジノ大手のベラジョンの創設者が立ち上げたカジノで運営幹部も元ベラジョンカジノのスタッフで構成されているカジノです。 完全日本語対応で超優良日本語サポート、そして迅速な出金といったようにプレイヤーにとって魅力的な事をサイトのストロングポイントにしています。  そんなラッキーカジノ/Lucky Casinoにはさまざまな入出金方法がありますのでご紹介いたします! ラッキーカジノ/Lucky Casino:入金の種類と手順 まずはラッキーカジノ/Lucky Casinoの入金の種類です。 ・クレジットカード VISA マスターカード ・電子マネー エコペイズ ヴィーナスポイント  ラッキーカジノへログイン後、「入金」を選択し、それぞれ希望の入金方法から各ロゴを選択してください。 クレジットカードの場合は、自身のカードの有効期限などの情報を入力する必要があります。 エコペイズなどの電子マネーの場合はエコペイズなどにログインする必要があるので、各電子マネーのユーザーIDやパスワードが必要になります。 あとは案内に沿って手続きを進めるだけですので、非常に簡単に入金手続きを進めることができます! ラッキーカジノ/Lucky Casino:出金の種類と手順 ラッキーカジノ/Lucky Casinoの出金種類は以下のようになっています。

ジパングカジノ(Zipang Casino)に登録したらまずは入出金方法を確認しよう!

ジパングカジノ(Zipang Casino)のさまざまな入出金方法 ジパングカジノ(Zipang Casino)ではさまざまな入手金方法が存在していますので、ご紹介いたします。 ・ペイトラ ペイトラとは、ネットカジノ業界で2019年に新たに入出金手段として誕生したオンライン決済マネーとなります。 ■入金 事前にペイトラの公式ページからアカウント口座の登録が必要になりますが、ジパングカジノサイトでの入金を選択し、ペイトラを選択してください。 その後ペイトラログイン画面が出ますので、ログインしていただき、「加盟店に送金」を選択し、自分のカジノ口座のIDや入金金額を入力し「確認画面へ進む」を選択します。 最後に送金内容の確認画面が出ますので、問題無ければ「この加盟店に送金する」を選択すればジパングカジノへの送金が完了となります。 ■出金 ペイトラの残高の引き出しは、ご自身の国内銀行口座への反映処理を行います。 出金をする際は、あらかじめお持ちの銀行口座の情報登録が必要となります。 最低出金額50ドル、一日の引き出し上限は20,000ドルまでとなっていますので、事前にご確認下さい。 ログイン後の画面から「口座に引き出し」を選択し、引き出し金額を入力し「確認画面へすすむ」を選択します。 銀行名や支店名などの必要情報を入力し、問題無ければ「この口座に引き出す」を選択すれば完了となります。 ・エコペイズ エコペイズのアカウントが必要となりますので、エコペイズのアカウントをお持ちでない方は、事前に口座作成を行う必要があります。 ■入金 ジパングカジノのキャッシャーからエコペイズを選択し、入金金額を入力し、「入金する」 をクリックします。 そうするとエコペイズへのログイン画面が表示されますので、IDとパスワードを入れてログインします。 ジパングカジノへの入金内容確認画面が表示されますので、問題無ければ「確認」を選択すれば完了となります。 ■出金 ページ上部のメニューから「引出し」を選択し、リストからエコペイズを選択して下さい。

ベラジョンカジノ(Vera&John)の入金方法は?

ベラジョンカジノ(Vera&John)対応している入金方法は? ベラジョンカジノ(Vera&John)では入出金に以下の方法を用意してます。 クレジットカード:VISAカード、マスターカード デビットカード:VISAデビット 電子マネー口座:エコペイズ、アイウォレット、ビーナスポイント 仮想通貨:ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル クレジットカードでの入金 ベラジョンカジノではVISAとマスターカードでの入金が可能です。正し、デメリットはJCBカードとアメックスカードが使えません。 JCBやアメックスしか持ってない人、もしくはVISA以外のデビットカードや銀行振込で入金したい人はそれ以外の方法をお試ししてください。 入金画面、左側の支払い方法選択から「VISA(ビザ)」を選びます。(画像:赤枠) 電子マネー口座で入金 オンラインカジノへの入金手段としては今やすっかり定着したecoPayzやビーナスポイントも用意されているのは嬉しいですよね。 決済手段に迷った方はこれを使っておけば間違いありません。 次は、ビーナスポイントでベラジョンカジノへ100ドル入金をした手順です。 まずベラジョンへログインしたら「入金」をクリックします。 入金方法の中から「ビーナスポイント」を選択します。 希望の入金額を入力し、ビーナスポイントの大文字「U」から始まるユーザーID。 そしてビーナスポイントのパスワードを入力し、最後に「入金する」をクリックします。 1~2分の時間がかかると表記されていますが、基本的にすぐ決済され入金が完了します。 仮想通貨での入金 2020年2月2日、ベラジョンカジノ(Vera&John)でビットコインによる入金が復活しました! また、他の仮想通貨はイーサリアム、ライトコイン、リップルも使えます。 まずはビットコインを送りベラジョンカジノに入金する手順から。 ベラジョンにログインしたら「今すぐ入金」を押します。 BitCoin(ビットコイン)BTCを選択します。

ラッキーニッキーを始める前に入金方法を確認しよう!

ラッキーニッキー(LuckyNiki)のさまざまな入金方法をご紹介! ・クレジットカードで入金する場合 VISAやマスターカードなどのクレジットカードを選択し、カード所有者名やカード番号を入力します。 次に入金額を入力しますが、ボーナスコードなどがあればそのコードを入力して下さい。 最後に「送信」のボタンを押すと入金完了となります。 基本的にクレジットカードで入金する人が多いかと思いますが、こんなに簡単に入金手続きができてしまうのです! また、クレジットカードで入金するメリットは、入金手続き後すぐに入金が反映されますので、ラッキーニッキー(LuckyNiki)のトップページに戻って残高を確認してみましょう! ・エコペイズでの入金 まずエコペイズとは、PSI-Pay Ltd,.という米国の会社が提供するオンライン決済ソリューションプロパイダとなります。 エコペイズはオンライン上で決済を安全かつ迅速に行い、消費者には嬉しい手数料をなるべく安く済ませることを目的に2008年に設立されました。 現在ではなんと世界159ヵ国、45の通貨が利用でき、世界中の企業や個人のための仮想通貨、カードプログラムを提供しているのです。 また、エコペイズ最大のメリットは海外へ資金を移動する手段として、海外ショッピングサイトへの支払い、海外企業への支払いなど、世界中の会員間の金銭の授受が可能となるところです。 ラッキーニッキーでの入金方法はエコペイズへのログイン画面が表示されるので、IDとパスワードを入力し、送信ボタンを押し、「あなたの入金は成功しました」という文章が出れば完了です。 最低入金金額は20ドルからとなるのでご注意下さい! ・アイウォレットでの入金 アイウォレットとは、オンラインで使用できる安全なe-walletとなります。 プリペイドカードの発行も可能で、ラッキーニッキーでの勝利金をATMから引き出すことも可能となるのです。 更にはショッピングも可能となりますので、オンラインカジノ以外でも利用できるのが嬉しいポイントになるのではないでしょうか。 アイウォレットアカウントへの入金は、クレジットカードや銀行送金が利用できます。 実際にラッキーニッキーに入金する際は、他の登録方法と同様、ご入金画面からの手順になりますので、アカウントさえあれば簡単に入金を完了することができます。 ・ビットコインでの入金 今では一番有名な仮想通貨となっているビットコインでの入金もラッキーニッキーでは可能となります。 こちらもご入金画面に行き、ビットコインを選択し、入金額を入力します。 ビットコインのページが開きますが、英語が苦手な方は日本語に変更できますので、ご安心下さい。 その後ビットコイン額の金額が表示されたらアドレスへ入金される流れになります!

オンラインカジノを遊ぶことは違法にならない?納得して遊ぶために知識を得よう!

オンラインカジノを遊んでも違法にならない! 海外に運営の拠点を持っているオンラインカジノは、その拠点がある国や地域でライセンスを取得している合法的な存在です。 オンラインカジノが合法なことは、各国政府が発行しているライセンスを所持していることで一目瞭然です。 しかし、日本国内では一般的にギャンブルは禁じられています。 そこで思い浮かぶことは、オンラインカジノを日本で遊ぶことは違法行為にならないのか?ということです。 今回はその疑問に対する答えを紹介していきます。 ○オンラインカジノを日本で遊んでも違法にならない理由! 日本ではギャンブルをすることを禁じている法律があります。競馬や競艇、競輪といった公的なギャンブルを除いては、本来は違法になります。 しかし、パチンコ店などで遊んでいても逮捕されることはありません。パチンコ店は景品を提供し、景品をお金と交換するという手法を使うことで法律のグレーゾーンをついて経営しています。 一方、オンラインカジノでは現金のやり取りをしています。どうして違法な行為として罰せられないのでしょうか? オンラインカジノのプレイヤーを罰するために使えそうな法律は、「賭博罪」という法律だけです。 ですが、「賭博罪」の法律が対象としている範囲に、オンラインカジノは厳密には含まれないのです。 ○賭博罪で違法となるのは日本国内で主催されているギャンブル行為! ギャンブルを日本国内で堂々とすれば、もちろん賭博罪に抵触することになり違法です。 日本国内に「公営以外のギャンブル場を作ることは認められていない」からです。これは法律で定められているため、ビルの一室で勝手にギャンブル場を作って運営すれば逮捕されることになります。 ですが、賭博罪が適応されているのは、あくまでも「違法なギャンブル場」に関わった人々です。 賭博罪は「違法なギャンブル場」を主催することと、そこで遊ぶことを罰する法律になります。 では、「各国政府から合法と認められているオンラインカジノ」、つまり「合法なギャンブル場」を遊ぶ人々に、この法律が使えるのでしょうか? 答えとしては、事実上、使えません。 ○「違法なギャンブルを遊ぶからダメ」というのが賭博法! そもそも賭博法は、オンラインカジノというギャンブルのスタイルが無かった時代に作られた法律です。 昔は国境を越えてギャンブルを行うための方法はなかったため、「国内に建設された違法なギャンブル場」でしか、ギャンブルができなかったわけです。 そのため賭博法は「違法なギャンブル場を取り締まる」のが目的の法律であり、オンラインカジノという合法なギャンブル場を取り締まるために作られてはいない法律です。 「違法なギャンブル」と「合法なギャンブル」は大きな違いがあり、前者を遊ぶことを禁じる法律で、後者を遊ぶことを禁じることは矛盾します。 「違法なことをしたからダメ」には納得がいきますが、「合法なことをしたからダメ」というのはおかしいですよね?

オンラインカジノと税金の関係について!賞金に税金がかかるって本当?

オンラインカジノと税金の関係は?いくら勝ったら払う? ここからはオンラインカジノの賞金にかかる税金について、具体的に基準から見ていきましょう。 冒頭で説明の通り、賞金に対して原則として税金がかかります。 そして税金がかかる対象は、年間を通して利益が50万円を超えた方のみです。 ギャグを言えば年間の利益が50万円以下の方には、税金がかからないということになります。 これはオンラインカジノの賞金による利益が、日本の法律では「一時所得金」として処理されるからです。 つまりオンラインカジノの賞金は所得税に振り分けられ、さらにその中の一時所得という項目に分けられます。 そしてこの一時所得には、あらかじめ設定されている控除金額があるのです。 この控除金額とは50万円となっており、このことから年間利益が50万円以下の場合には支払い義務が発生しないというポイントに繋がっています。 利益が50万円までであればこの控除金額によって相殺されるため、支払うべき税金は発生しないのです。 具体的な税金の支払い金額の計算式は以下となります。 「年間利益➖控除金額50万円=課税対象金額」 ↓ 「課税対象金額✖️1/2=支払う税金」 です。 控除金額の50万円を超える利益を年間で得た場合、その利益総額から控除金額である50万円を引いて課税対象の金額を算出します。 課税対象金額が決定したら、その金額の半分が納税額です。 そのため一時所得の半分を納税する義務がありますが、50万円までは控除をしますよという法律となっています。 ギャンブルであることを理解する必要性 オンラインカジノの賞金による利益の獲得は、ギャンブルでの利益獲得であるという認識が必要となります。 なぜならギャンブルの場合、支出に関しての計算が他の項目と異なるからです。 通常であれば利益の勘定には、得た利益とそれを得るために支出をした金額の差し引きで最終利益を計算します。 そのため例えば100万円の利益が年間であったとしても、支出が50万円あった場合には最終利益は50万円なのです。 「年間利益100万円➖年間支出50万円=最終利益50万円」 となり、この場合であれば課税対象金額は100万円ぶんの利益ではなく50万円となります。

カジノ法案ってどうなった?最新の情報を気になる候補地まで徹底公開!

カジノ法案ってそもそもどんなもの? カジノ法案もとい統合型リゾート(IR)整備推進法案とは、統合型リゾートであるIRをつくることで観光客を多く呼び込みましょうという内容の法案です。 統合型リゾートを整備することで観光を盛り上げ、その経済効果によって財政難を乗り切るための法案となっています。 そしてこの統合型リゾートの中にカジノ施設が含まれていることから、通称カジノ法案と呼ばれているのです。 つまり観光客を呼び込む統合型リゾートを整備するために、カジノを合法化した流れとなっています。 ちなみに統合型リゾートとはカジノが含まれているだけに過ぎず、なにもカジノメインの施設というわけではありません。 ホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設などカジノ以外にも多くの施設を含めた複合型の観光集客施設を指すのです。 カジノ法案の懸念材料とは? カジノとは娯楽のもとで大きなお金が動く、ギャンブルであり賭博を行う施設となります。 しかもそれを合法として整備していくため、カジノが出来ることに対しての懸念が心配されているのです。 具体的には「ギャンブル依存性」、「治安の悪化」、「マネーロンダリング」となっています。 1つ目のギャンブル依存性は、既存の公営ギャンブルでも既に問題となっているものです。 こちらに関しては先に「ギャンブル等依存症対策基本法」が成立しており、この問題に対する具体的な指針はこの先決定きていくこととなっています。 またカジノに関しては、入場料の徴収や入場制限を定めることで問題の解決を図る方針です。 2つ目と3つ目の治安の悪化とマネーロンダリングについては、何かしらの対策は確実に取られることでしょう。 今後どのような方針が打ち出されるのか、注目の部分となっています。 カジノ法案が成立したもののカジノオープンはいつになる? 2016年にカジノ法案の成立がなされ、その後も着々と進められているもののいつカジノはオープンするのでしょうか? その答えはカジノができるまでの流れにあります。 カジノをオープンさせるまでには、幾つもの手順を踏んだ上ではじめて可能となるのです。 ここからはその手順と、現段階で終えている部分までを確認してみましょう。 ①IR推進法(カジノ法案)の成立 ↓ ②IR推進本部の設置 ↓