ジパングカジノ(Zipang Casino)に登録したらまずは入出金方法を確認しよう!

ジパングカジノ(Zipang Casino)のさまざまな入出金方法 ジパングカジノ(Zipang Casino)ではさまざまな入手金方法が存在していますので、ご紹介いたします。 ・ペイトラ ペイトラとは、ネットカジノ業界で2019年に新たに入出金手段として誕生したオンライン決済マネーとなります。 ■入金 事前にペイトラの公式ページからアカウント口座の登録が必要になりますが、ジパングカジノサイトでの入金を選択し、ペイトラを選択してください。 その後ペイトラログイン画面が出ますので、ログインしていただき、「加盟店に送金」を選択し、自分のカジノ口座のIDや入金金額を入力し「確認画面へ進む」を選択します。 最後に送金内容の確認画面が出ますので、問題無ければ「この加盟店に送金する」を選択すればジパングカジノへの送金が完了となります。 ■出金 ペイトラの残高の引き出しは、ご自身の国内銀行口座への反映処理を行います。 出金をする際は、あらかじめお持ちの銀行口座の情報登録が必要となります。 最低出金額50ドル、一日の引き出し上限は20,000ドルまでとなっていますので、事前にご確認下さい。 ログイン後の画面から「口座に引き出し」を選択し、引き出し金額を入力し「確認画面へすすむ」を選択します。 銀行名や支店名などの必要情報を入力し、問題無ければ「この口座に引き出す」を選択すれば完了となります。 ・エコペイズ エコペイズのアカウントが必要となりますので、エコペイズのアカウントをお持ちでない方は、事前に口座作成を行う必要があります。 ■入金 ジパングカジノのキャッシャーからエコペイズを選択し、入金金額を入力し、「入金する」 をクリックします。 そうするとエコペイズへのログイン画面が表示されますので、IDとパスワードを入れてログインします。 ジパングカジノへの入金内容確認画面が表示されますので、問題無ければ「確認」を選択すれば完了となります。 ■出金 ページ上部のメニューから「引出し」を選択し、リストからエコペイズを選択して下さい。

ベラジョンカジノ(Vera&John)の入金方法は?

ベラジョンカジノ(Vera&John)対応している入金方法は? ベラジョンカジノ(Vera&John)では入出金に以下の方法を用意してます。 クレジットカード:VISAカード、マスターカード デビットカード:VISAデビット 電子マネー口座:エコペイズ、アイウォレット、ビーナスポイント 仮想通貨:ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル クレジットカードでの入金 ベラジョンカジノではVISAとマスターカードでの入金が可能です。正し、デメリットはJCBカードとアメックスカードが使えません。 JCBやアメックスしか持ってない人、もしくはVISA以外のデビットカードや銀行振込で入金したい人はそれ以外の方法をお試ししてください。 入金画面、左側の支払い方法選択から「VISA(ビザ)」を選びます。(画像:赤枠) 電子マネー口座で入金 オンラインカジノへの入金手段としては今やすっかり定着したecoPayzやビーナスポイントも用意されているのは嬉しいですよね。 決済手段に迷った方はこれを使っておけば間違いありません。 次は、ビーナスポイントでベラジョンカジノへ100ドル入金をした手順です。 まずベラジョンへログインしたら「入金」をクリックします。 入金方法の中から「ビーナスポイント」を選択します。 希望の入金額を入力し、ビーナスポイントの大文字「U」から始まるユーザーID。 そしてビーナスポイントのパスワードを入力し、最後に「入金する」をクリックします。 1~2分の時間がかかると表記されていますが、基本的にすぐ決済され入金が完了します。 仮想通貨での入金 2020年2月2日、ベラジョンカジノ(Vera&John)でビットコインによる入金が復活しました! また、他の仮想通貨はイーサリアム、ライトコイン、リップルも使えます。 まずはビットコインを送りベラジョンカジノに入金する手順から。 ベラジョンにログインしたら「今すぐ入金」を押します。 BitCoin(ビットコイン)BTCを選択します。

ラッキーニッキーを始める前に入金方法を確認しよう!

ラッキーニッキー(LuckyNiki)のさまざまな入金方法をご紹介! ・クレジットカードで入金する場合 VISAやマスターカードなどのクレジットカードを選択し、カード所有者名やカード番号を入力します。 次に入金額を入力しますが、ボーナスコードなどがあればそのコードを入力して下さい。 最後に「送信」のボタンを押すと入金完了となります。 基本的にクレジットカードで入金する人が多いかと思いますが、こんなに簡単に入金手続きができてしまうのです! また、クレジットカードで入金するメリットは、入金手続き後すぐに入金が反映されますので、ラッキーニッキー(LuckyNiki)のトップページに戻って残高を確認してみましょう! ・エコペイズでの入金 まずエコペイズとは、PSI-Pay Ltd,.という米国の会社が提供するオンライン決済ソリューションプロパイダとなります。 エコペイズはオンライン上で決済を安全かつ迅速に行い、消費者には嬉しい手数料をなるべく安く済ませることを目的に2008年に設立されました。 現在ではなんと世界159ヵ国、45の通貨が利用でき、世界中の企業や個人のための仮想通貨、カードプログラムを提供しているのです。 また、エコペイズ最大のメリットは海外へ資金を移動する手段として、海外ショッピングサイトへの支払い、海外企業への支払いなど、世界中の会員間の金銭の授受が可能となるところです。 ラッキーニッキーでの入金方法はエコペイズへのログイン画面が表示されるので、IDとパスワードを入力し、送信ボタンを押し、「あなたの入金は成功しました」という文章が出れば完了です。 最低入金金額は20ドルからとなるのでご注意下さい! ・アイウォレットでの入金 アイウォレットとは、オンラインで使用できる安全なe-walletとなります。 プリペイドカードの発行も可能で、ラッキーニッキーでの勝利金をATMから引き出すことも可能となるのです。 更にはショッピングも可能となりますので、オンラインカジノ以外でも利用できるのが嬉しいポイントになるのではないでしょうか。 アイウォレットアカウントへの入金は、クレジットカードや銀行送金が利用できます。 実際にラッキーニッキーに入金する際は、他の登録方法と同様、ご入金画面からの手順になりますので、アカウントさえあれば簡単に入金を完了することができます。 ・ビットコインでの入金 今では一番有名な仮想通貨となっているビットコインでの入金もラッキーニッキーでは可能となります。 こちらもご入金画面に行き、ビットコインを選択し、入金額を入力します。 ビットコインのページが開きますが、英語が苦手な方は日本語に変更できますので、ご安心下さい。 その後ビットコイン額の金額が表示されたらアドレスへ入金される流れになります!

オンラインカジノを遊ぶことは違法にならない?納得して遊ぶために知識を得よう!

オンラインカジノを遊んでも違法にならない! 海外に運営の拠点を持っているオンラインカジノは、その拠点がある国や地域でライセンスを取得している合法的な存在です。 オンラインカジノが合法なことは、各国政府が発行しているライセンスを所持していることで一目瞭然です。 しかし、日本国内では一般的にギャンブルは禁じられています。 そこで思い浮かぶことは、オンラインカジノを日本で遊ぶことは違法行為にならないのか?ということです。 今回はその疑問に対する答えを紹介していきます。 ○オンラインカジノを日本で遊んでも違法にならない理由! 日本ではギャンブルをすることを禁じている法律があります。競馬や競艇、競輪といった公的なギャンブルを除いては、本来は違法になります。 しかし、パチンコ店などで遊んでいても逮捕されることはありません。パチンコ店は景品を提供し、景品をお金と交換するという手法を使うことで法律のグレーゾーンをついて経営しています。 一方、オンラインカジノでは現金のやり取りをしています。どうして違法な行為として罰せられないのでしょうか? オンラインカジノのプレイヤーを罰するために使えそうな法律は、「賭博罪」という法律だけです。 ですが、「賭博罪」の法律が対象としている範囲に、オンラインカジノは厳密には含まれないのです。 ○賭博罪で違法となるのは日本国内で主催されているギャンブル行為! ギャンブルを日本国内で堂々とすれば、もちろん賭博罪に抵触することになり違法です。 日本国内に「公営以外のギャンブル場を作ることは認められていない」からです。これは法律で定められているため、ビルの一室で勝手にギャンブル場を作って運営すれば逮捕されることになります。 ですが、賭博罪が適応されているのは、あくまでも「違法なギャンブル場」に関わった人々です。 賭博罪は「違法なギャンブル場」を主催することと、そこで遊ぶことを罰する法律になります。 では、「各国政府から合法と認められているオンラインカジノ」、つまり「合法なギャンブル場」を遊ぶ人々に、この法律が使えるのでしょうか? 答えとしては、事実上、使えません。 ○「違法なギャンブルを遊ぶからダメ」というのが賭博法! そもそも賭博法は、オンラインカジノというギャンブルのスタイルが無かった時代に作られた法律です。 昔は国境を越えてギャンブルを行うための方法はなかったため、「国内に建設された違法なギャンブル場」でしか、ギャンブルができなかったわけです。 そのため賭博法は「違法なギャンブル場を取り締まる」のが目的の法律であり、オンラインカジノという合法なギャンブル場を取り締まるために作られてはいない法律です。 「違法なギャンブル」と「合法なギャンブル」は大きな違いがあり、前者を遊ぶことを禁じる法律で、後者を遊ぶことを禁じることは矛盾します。 「違法なことをしたからダメ」には納得がいきますが、「合法なことをしたからダメ」というのはおかしいですよね?

オンラインカジノと税金の関係について!賞金に税金がかかるって本当?

オンラインカジノと税金の関係は?いくら勝ったら払う? ここからはオンラインカジノの賞金にかかる税金について、具体的に基準から見ていきましょう。 冒頭で説明の通り、賞金に対して原則として税金がかかります。 そして税金がかかる対象は、年間を通して利益が50万円を超えた方のみです。 ギャグを言えば年間の利益が50万円以下の方には、税金がかからないということになります。 これはオンラインカジノの賞金による利益が、日本の法律では「一時所得金」として処理されるからです。 つまりオンラインカジノの賞金は所得税に振り分けられ、さらにその中の一時所得という項目に分けられます。 そしてこの一時所得には、あらかじめ設定されている控除金額があるのです。 この控除金額とは50万円となっており、このことから年間利益が50万円以下の場合には支払い義務が発生しないというポイントに繋がっています。 利益が50万円までであればこの控除金額によって相殺されるため、支払うべき税金は発生しないのです。 具体的な税金の支払い金額の計算式は以下となります。 「年間利益➖控除金額50万円=課税対象金額」 ↓ 「課税対象金額✖️1/2=支払う税金」 です。 控除金額の50万円を超える利益を年間で得た場合、その利益総額から控除金額である50万円を引いて課税対象の金額を算出します。 課税対象金額が決定したら、その金額の半分が納税額です。 そのため一時所得の半分を納税する義務がありますが、50万円までは控除をしますよという法律となっています。 ギャンブルであることを理解する必要性 オンラインカジノの賞金による利益の獲得は、ギャンブルでの利益獲得であるという認識が必要となります。 なぜならギャンブルの場合、支出に関しての計算が他の項目と異なるからです。 通常であれば利益の勘定には、得た利益とそれを得るために支出をした金額の差し引きで最終利益を計算します。 そのため例えば100万円の利益が年間であったとしても、支出が50万円あった場合には最終利益は50万円なのです。 「年間利益100万円➖年間支出50万円=最終利益50万円」 となり、この場合であれば課税対象金額は100万円ぶんの利益ではなく50万円となります。

カジノ法案ってどうなった?最新の情報を気になる候補地まで徹底公開!

カジノ法案ってそもそもどんなもの? カジノ法案もとい統合型リゾート(IR)整備推進法案とは、統合型リゾートであるIRをつくることで観光客を多く呼び込みましょうという内容の法案です。 統合型リゾートを整備することで観光を盛り上げ、その経済効果によって財政難を乗り切るための法案となっています。 そしてこの統合型リゾートの中にカジノ施設が含まれていることから、通称カジノ法案と呼ばれているのです。 つまり観光客を呼び込む統合型リゾートを整備するために、カジノを合法化した流れとなっています。 ちなみに統合型リゾートとはカジノが含まれているだけに過ぎず、なにもカジノメインの施設というわけではありません。 ホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設などカジノ以外にも多くの施設を含めた複合型の観光集客施設を指すのです。 カジノ法案の懸念材料とは? カジノとは娯楽のもとで大きなお金が動く、ギャンブルであり賭博を行う施設となります。 しかもそれを合法として整備していくため、カジノが出来ることに対しての懸念が心配されているのです。 具体的には「ギャンブル依存性」、「治安の悪化」、「マネーロンダリング」となっています。 1つ目のギャンブル依存性は、既存の公営ギャンブルでも既に問題となっているものです。 こちらに関しては先に「ギャンブル等依存症対策基本法」が成立しており、この問題に対する具体的な指針はこの先決定きていくこととなっています。 またカジノに関しては、入場料の徴収や入場制限を定めることで問題の解決を図る方針です。 2つ目と3つ目の治安の悪化とマネーロンダリングについては、何かしらの対策は確実に取られることでしょう。 今後どのような方針が打ち出されるのか、注目の部分となっています。 カジノ法案が成立したもののカジノオープンはいつになる? 2016年にカジノ法案の成立がなされ、その後も着々と進められているもののいつカジノはオープンするのでしょうか? その答えはカジノができるまでの流れにあります。 カジノをオープンさせるまでには、幾つもの手順を踏んだ上ではじめて可能となるのです。 ここからはその手順と、現段階で終えている部分までを確認してみましょう。 ①IR推進法(カジノ法案)の成立 ↓ ②IR推進本部の設置 ↓

バーチャルスポーツを徹底解説!今すぐプレイしてみよう!

バーチャルスポーツは時間がかからない! バーチャルスポーツ最大のメリットは時間短縮と言っても過言ではありません。 例えば本物のテニスの試合にブックメーカーをベットするとなると、1試合3時間程かかってしまいます。 長時間も待っていられないという人もいますし、ちょっとした外出先で気軽に勝負を楽しみたいという人に1試合3時間もかかるとなるとオススメできません。 しかし、バーチャルスポーツでは、ドックレースや競馬レースで1Rが終わった後も次々にベットをすることが可能ですので、レース間の待機時間はほとんどありません。 本物のサッカーの場合1試合90分程度ですが、バーチャルスポーツではたった5分で結果がでますので、まさに時間短縮できているギャンブルなのではないでしょうか。 忙しくて中々まとまった時間が取れないけどギャンブルをしたい、通勤時間の移動中に気軽にギャンブルを楽しみたい、という方には非常にオススメなのがこのバーチャルスポーツとなりますので、まだプレイしたことの無い方は是非プレイしてみてはいかがでしょうか! わざわざギャンブル場まで行かずに短時間でギャンブルが楽しめるという画期的で大変魅力的なギャンブルですのでバーチャルスポーツは非常にオススメとなります! バーチャルスポーツはとにかくスポーツの種類が豊富! バーチャルスポーツではさまざまなスポーツがあり、好きなスポーツでギャンブルを楽しむことができるので、スポーツ好きにはたまらないオンラインカジノとなるのです! ・卓球 試合時間3分 ベッティングの種類が豊富 たまに出る「サア!」の掛け声がおもしろい ・バドミントン 試合時間は2~3分 臨場感があり、生の試合を見ている感覚になる ・競馬 レース間隔は2分 ベッティングの種類は「単勝」「複勝」のみで非常にシンプル 単勝だと30倍配当にもなる 星評価で強さを判断する ありえない追い込みをする馬がいる ・ドックレース レース間隔は2分

ブラックジャックの必勝法を覚えよう!

ブラックジャックのルール ブラックジャックで使用するカードはジョーカーを除く52枚のトランプを使い、配られたカードの合計点数を21点、もしくは21点により近づいた方が勝ちとなるシンプルなゲームです。 勝負をするのはディーラーと自分で、ディーラーよりも21に近づければ自分の勝ちということになります。 ・カードの数え方 10を含む絵札カードは全て10としてカウントされ、Aを除くその他のカードは数字通りの数え方をします。 Aは1にも11にもなりますので、自分の有利になるようにカウントができますので、ブラックジャックの中ではAが優遇されています。 例えば手札にAと10があれば21でブラックジャックになりますね! ・プレイヤー限定ルール ■ヒット 手元にあるカードに更に1枚のカードを追加すること ■スタンド カードの追加をストップし、現在の手元にあるカードで勝負をすること ■ダブルダウン 賭けた金額を更に倍にして3枚目のカードを引くこと。 しかし、ダブルダウンをするとそれ以上カードを引くことができませんのでご注意を。 ■スプリット 最初に配られた2枚のカードが同じ点数だった場合に使用できるルールです。 スプリットをすると手持ちカードを2つに分割し、それぞれの手持ちカードに対して追加のカードを引くことができます。 しかし、分割した2つ目のカードにも同額の賭け金が必要になります。 ■スイッチ 手持ちのカード2枚を使用し、スイッチを行うことでお互いのカードを交換することができます。 ■サレンダー 最初に配られた2枚のカードの時点でプレイヤーが自ら負けを認めることを指します。 サレンダーした場合にはゲームに賭けた金額の半分が戻ってきます。 ■インシュランス

オンカジの賭け条件って何?初心者には謎の単語をわかりやすく解説します!

オンカジの賭け条件とは? オンカジでは登録するだけで30ドルのボーナスマネーがもらえたり、初めて入金した金額に100%分のボーナスマネーがもらえたりします。 このボーナスマネーの額はかなり大きく、これをそのまま引き出せたら嬉しいものです。 しかし、実際にはボーナスマネーをリアルマネーとして引き出すためには、「賭け条件」というものをクリアする必要があります。 ○オンカジ特有の賭け条件とは? オンカジ初心者にとって、この「賭け条件」とは耳慣れない言葉になります。 オンカジでのみ使われている言葉であるため、最初は誰もが何のことなのか分からないものです。 登録や入金で得たオンカジのボーナスマネーは、オンカジのなかではリアルマネーと同じようにゲームに賭けることができます。 しかし、オンカジからリアルマネーとして引き出すためには「賭け条件」のクリアが必要になります。 30ドルのボーナスマネーをオンカジからリアルマネーとして引き出すためには、20倍~50倍の金額をオンカジのゲームに賭ける必要があります(オンカジによって倍率が異なっています)。 50倍の「賭け条件」があるオンカジでは、ボーナスマネーでもらった30ドルを引き出すためには、1500ドル分をオンカジのゲームに賭ける必要があるわけです。 ○オンカジの賭け条件をクリアするのは意外と難しい! 50倍の賭け条件のオンカジにおいて、30ドルのボーナスマネーを引き出すためには1500ドルほど賭ける必要があります。 つまり3ドル賭けられるゲームでは、1500ドル分消化するまで500回かかります。 500回のゲームを終えた後、ボーナスマネーが残っていたら引き出せるようになるわけです。 ボーナスマネーをオンカジからリアルマネーとして引き出すためには、なかなか苦労します。 そのため可能な限り低い賭け条件のオンカジを選ぶことも、有益な選択方法です。50倍よりは20倍の法が引き出しやすいわけです。 高額のボーナスマネーを選びたいものですが、賭け条件のチェックも大事になります。 オンカジの賭け条件の注意点! オンカジの賭け条件をクリアするためには、上記以外のことにも注意する必要があります。 賭け条件には、なかなか細かな条件もついてきます。 ○賭け条件の消化対象にならないゲームもある! 全てのゲームで賭けたお金が、賭け条件の消化につながるわけではありません。オンカジによって、賭け条件から除外されているゲームがそれぞれにあります。 それらのゲームにいくら賭けたとしても、賭け条件クリアのための累積に反映されることはないのです。 賭け条件の除外ゲームとして多いのはジャックポットスロットや、ライブゲームなどになります。

オンラインスロット・ネット上で遊べるカジノゲーム

オンラインスロットのルール オンラインスロットのルールは非常に簡単で、初心者の方でもすぐに始めることが可能となります。 基本的にはカジノサイトにアクセスするだけでゲームがプレイすることができ、入金をしなくても最初の登録ボーナスでスロットを遊ぶことも可能となります。 自分で掛け金を設定することもできますので、少額で遊びたい方や一攫千金を狙うギャンブラーの方でもオススメできるのがオンラインスロットなのです! オンラインスロットの特徴 ・還元率が高い! オンラインスロットは他のギャンブルと比べて勝率が高いとされています。 例えば 宝くじ 還元率 46% 競輪 還元率 75% ボートレース 還元率 75% 競馬 還元率 80% パチンコ・パチスロ 還元率 85% オンラインスロット 95% このように世の中に浸透しているギャンブルと比べ圧倒的にオンラインスロットの方が還元率が高いのです。 宝くじと比べてみても約2倍も還元率が違いますので、これはオンラインスロットをしないという選択肢はありませんね! ・オンラインスロットは自宅でもできる 他のギャンブルはその場所に行かないと基本的に楽しむことができませんが、オンラインスロットであれば自宅で気軽にプレイすることができます。 パソコンが無くてもスマホだけでプレイできるオンラインスロットができるものもありますので、ほとんどの方に遊んでいただけます。 ・グラフィックが綺麗! ;オンラインスロットをプレイしたことが無い人に特にお伝えしたいポイントはグラフィックが綺麗というところです。 ゲーム内容や勝率以外にもグラフィックが綺麗だとプレイしたくなる人も多いと思います。 オンラインスロットはこのグラフィックが非常に綺麗ですのでのめり込んでしまう人も多いです! オススメオンラインスロット6選! ・BOOK