カジノディーラー

カジノディーラー|今後必要になってくるカジノディーラーの仕事内容?

カジノディーラー

カジノディーラーは、今後需要も高まってくると言えます。
平均年収約560万の月収約46万ノカジノディーラーノ仕事についてまとめてあります。

もくじ

・カジノディーラーとは

・今後のカジノディーラーについて

・カジノディーラーに向いてる人

・カジノディーラーになるには

・まとめ

カジノディーラーとは

カジノディーラー

「ディーラ-」とは、カジノのテーブルゲームにおいて、ゲーム進行やチップの回収、配当などを勧めていく役割です。ゲームの進行役として、黒子であり、主役である華やかなエンターティナーとして大人気です。

その歴史としては、もともとギャンブルの後ろに立って、サポートしていた人のことを(Croupier、クルーピー)とよんでいました。
しかし、現在ではディーラーとと呼ばれることがほとんどです。

プレイヤーが勝ったら、配当額を瞬時に判断、計算して湿布を配るのが主な仕事です。無駄のない華麗な、手さばきで、ゲームを盛り上げるのが、ディーラーとしての主役的役割と言えるでしょう。
IR方が可決され、日本にも、カジノができてくる未来です。
そんな中、ディーラーとしての仕事も増えてくることが予想されますので、カジノディーラーの仕事のついて見ていきましょう。

今後のカジノディーラーについて

今後のカジノディーラーについて解説していきます。

今ではすっかり、アジアのトレンド産業「カジノ」です。

世界一のカジノの売上を誇るマカオでは、3万人ノディーラーがいるのはご存じですか?
実は、カジノは、地元の雇用促進に大きく貢献しているんです。

シンガポールや、フィリピン、韓国など、日本の近隣の国では次々とカジノが開業している中、日本でもカジノが合法化されましたね。
大型のカジノが日本国内で3箇所開設される予定で、今後多くのディーラーが必要とされていくでしょう。

カジノは、通常24時間営業ですので、ディーラーは1日3~4人での交代制になります。
もし、500台ノテーブルが、各カジノでできる際には、4,000人~6,000人のディーラーが必要となります。
日本進出を目指す事業者ノなかには、日本人ディーラーの育成に力を入れているところもあります。
そして、日本カジノスクールの卒業生が、法案可決後にどんどんシンガポールやカナダ、カンボジアなどで採用されているのは事実です。

今後、回りにもカジノディーラーとして働いていく方が増えたり、スクールに先を見越して通い始める方も少なくないはずです。

カジノディーラーに向いてる人

カジノディーラー

カジノディーラーに向いている人の特徴を、まとめていきます。
当てはまるなという方は、ひとつの選択肢になるかもしれないので参考にしてみてください。

【カジノディーラーに向いている人】
・計算が得意
・器用
・接客がすき
・誠実な方

こちらが、主に挙げられるでしょう。
カジノディーラーの仕事として主な内容は、最初に記載しましたが、その通りチップを配ったりするので、「計算が得意」な方は向いているでしょう。
配当をパパッと計算しチップを配らなければならないですね。
そして、華麗な手さばきも必要となってくるので、器用な方も向いていると言えるでしょう。
しかし、この2点は、トレーニングでどうにでもなると思います。
そして、もちろん接客業のため、接客業が嫌な方には向いてないと言えるでしょう。
ですが、場数を踏んでいけば、カジノディーラーのおもてなしについては、自然に身について行くでしょう。
最後の、誠実さですが、とっても重要です。
なんせ、お金を扱う仕事ですから、雇用時に警察や金融機関などのバックグラウンドがチェックされます。
犯罪歴やクレジット履歴がチェックされるので、それがある方は通過はできません。これに通過するのが 第一歩になります。

カジノディーラーになるには

カジノディーラーになるにはどうしたらいいのかについて解説していきましょう。

まず一つ目の方法は、「海外のカジノに直接応募する」ことです。

そこでオーデションを受け、技能などを披露し、通過できれば採用となるでしょう。
しかし、世界で活躍できるカジノディーラーになるには技能審査を合格するだけではなく、カジノディーラー資格認定試験に合格することで海外への道が開けるといえるでしょう。

二つ目は、日本ノカジノスクールに通い、卒業後カジノディーラーとして働く方法です。知識や、カジノゲームのルールが学べます。
カジノスクールに通うことによってカジノの歴史や法律、確率計算などについての知識を深く学ぶことができます。
また海外留学制度や海外研修制度もあり、世界で活躍するカジノディーラーになるためのサポートを受けることもできます。

そして、三つ目は日本のアミューズメントカジノで経験を積む方法です。
IR法が可決してから、日本にもリアルマネーを賭けないアミューズメントカジノが増えています。
そこで、キャリアを積むこともいいかも知れません。

【カジノディーラーの資格】

カジノディーラー資格認定試験:こちらは、就職の際には必須ではありませんが、日本カジノディーラーズ協会が認定する試験が受けれます。
これを取得することによって、技術があることを証明してくれるのでプロカジノディーラーとして確約できる可能性もあがります。

【カジノディーラーのスキル】

資格は必須ではありませんが、こちらは必要な技能です。

技能審査:カジノディーラーになるために専門的な知識や配当計算などの技術を身に付け、「技能審査」である「オーディション」に合格する必要があります。この技能審査に合格することで、はじめてカジノディーラーとしての労働許可がおりることになります。

まとめ

いかがでしたか?

カジノディーラーになることも視野に入れてみてもいいかも知れませんネ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *