オンラインカジノを遊ぶことは違法にならない?納得して遊ぶために知識を得よう!

オンラインカジノを遊んでも違法にならない! 海外に運営の拠点を持っているオンラインカジノは、その拠点がある国や地域でライセンスを取得している合法的な存在です。 オンラインカジノが合法なことは、各国政府が発行しているライセンスを所持していることで一目瞭然です。 しかし、日本国内では一般的にギャンブルは禁じられています。 そこで思い浮かぶことは、オンラインカジノを日本で遊ぶことは違法行為にならないのか?ということです。 今回はその疑問に対する答えを紹介していきます。 ○オンラインカジノを日本で遊んでも違法にならない理由! 日本ではギャンブルをすることを禁じている法律があります。競馬や競艇、競輪といった公的なギャンブルを除いては、本来は違法になります。 しかし、パチンコ店などで遊んでいても逮捕されることはありません。パチンコ店は景品を提供し、景品をお金と交換するという手法を使うことで法律のグレーゾーンをついて経営しています。 一方、オンラインカジノでは現金のやり取りをしています。どうして違法な行為として罰せられないのでしょうか? オンラインカジノのプレイヤーを罰するために使えそうな法律は、「賭博罪」という法律だけです。 ですが、「賭博罪」の法律が対象としている範囲に、オンラインカジノは厳密には含まれないのです。 ○賭博罪で違法となるのは日本国内で主催されているギャンブル行為! ギャンブルを日本国内で堂々とすれば、もちろん賭博罪に抵触することになり違法です。 日本国内に「公営以外のギャンブル場を作ることは認められていない」からです。これは法律で定められているため、ビルの一室で勝手にギャンブル場を作って運営すれば逮捕されることになります。 ですが、賭博罪が適応されているのは、あくまでも「違法なギャンブル場」に関わった人々です。 賭博罪は「違法なギャンブル場」を主催することと、そこで遊ぶことを罰する法律になります。 では、「各国政府から合法と認められているオンラインカジノ」、つまり「合法なギャンブル場」を遊ぶ人々に、この法律が使えるのでしょうか? 答えとしては、事実上、使えません。 ○「違法なギャンブルを遊ぶからダメ」というのが賭博法! そもそも賭博法は、オンラインカジノというギャンブルのスタイルが無かった時代に作られた法律です。 昔は国境を越えてギャンブルを行うための方法はなかったため、「国内に建設された違法なギャンブル場」でしか、ギャンブルができなかったわけです。 そのため賭博法は「違法なギャンブル場を取り締まる」のが目的の法律であり、オンラインカジノという合法なギャンブル場を取り締まるために作られてはいない法律です。 「違法なギャンブル」と「合法なギャンブル」は大きな違いがあり、前者を遊ぶことを禁じる法律で、後者を遊ぶことを禁じることは矛盾します。 「違法なことをしたからダメ」には納得がいきますが、「合法なことをしたからダメ」というのはおかしいですよね?

オンラインカジノと税金の関係について!賞金に税金がかかるって本当?

オンラインカジノと税金の関係は?いくら勝ったら払う? ここからはオンラインカジノの賞金にかかる税金について、具体的に基準から見ていきましょう。 冒頭で説明の通り、賞金に対して原則として税金がかかります。 そして税金がかかる対象は、年間を通して利益が50万円を超えた方のみです。 ギャグを言えば年間の利益が50万円以下の方には、税金がかからないということになります。 これはオンラインカジノの賞金による利益が、日本の法律では「一時所得金」として処理されるからです。 つまりオンラインカジノの賞金は所得税に振り分けられ、さらにその中の一時所得という項目に分けられます。 そしてこの一時所得には、あらかじめ設定されている控除金額があるのです。 この控除金額とは50万円となっており、このことから年間利益が50万円以下の場合には支払い義務が発生しないというポイントに繋がっています。 利益が50万円までであればこの控除金額によって相殺されるため、支払うべき税金は発生しないのです。 具体的な税金の支払い金額の計算式は以下となります。 「年間利益➖控除金額50万円=課税対象金額」 ↓ 「課税対象金額✖️1/2=支払う税金」 です。 控除金額の50万円を超える利益を年間で得た場合、その利益総額から控除金額である50万円を引いて課税対象の金額を算出します。 課税対象金額が決定したら、その金額の半分が納税額です。 そのため一時所得の半分を納税する義務がありますが、50万円までは控除をしますよという法律となっています。 ギャンブルであることを理解する必要性 オンラインカジノの賞金による利益の獲得は、ギャンブルでの利益獲得であるという認識が必要となります。 なぜならギャンブルの場合、支出に関しての計算が他の項目と異なるからです。 通常であれば利益の勘定には、得た利益とそれを得るために支出をした金額の差し引きで最終利益を計算します。 そのため例えば100万円の利益が年間であったとしても、支出が50万円あった場合には最終利益は50万円なのです。 「年間利益100万円➖年間支出50万円=最終利益50万円」 となり、この場合であれば課税対象金額は100万円ぶんの利益ではなく50万円となります。

カジノ法案ってどうなった?最新の情報を気になる候補地まで徹底公開!

カジノ法案ってそもそもどんなもの? カジノ法案もとい統合型リゾート(IR)整備推進法案とは、統合型リゾートであるIRをつくることで観光客を多く呼び込みましょうという内容の法案です。 統合型リゾートを整備することで観光を盛り上げ、その経済効果によって財政難を乗り切るための法案となっています。 そしてこの統合型リゾートの中にカジノ施設が含まれていることから、通称カジノ法案と呼ばれているのです。 つまり観光客を呼び込む統合型リゾートを整備するために、カジノを合法化した流れとなっています。 ちなみに統合型リゾートとはカジノが含まれているだけに過ぎず、なにもカジノメインの施設というわけではありません。 ホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設などカジノ以外にも多くの施設を含めた複合型の観光集客施設を指すのです。 カジノ法案の懸念材料とは? カジノとは娯楽のもとで大きなお金が動く、ギャンブルであり賭博を行う施設となります。 しかもそれを合法として整備していくため、カジノが出来ることに対しての懸念が心配されているのです。 具体的には「ギャンブル依存性」、「治安の悪化」、「マネーロンダリング」となっています。 1つ目のギャンブル依存性は、既存の公営ギャンブルでも既に問題となっているものです。 こちらに関しては先に「ギャンブル等依存症対策基本法」が成立しており、この問題に対する具体的な指針はこの先決定きていくこととなっています。 またカジノに関しては、入場料の徴収や入場制限を定めることで問題の解決を図る方針です。 2つ目と3つ目の治安の悪化とマネーロンダリングについては、何かしらの対策は確実に取られることでしょう。 今後どのような方針が打ち出されるのか、注目の部分となっています。 カジノ法案が成立したもののカジノオープンはいつになる? 2016年にカジノ法案の成立がなされ、その後も着々と進められているもののいつカジノはオープンするのでしょうか? その答えはカジノができるまでの流れにあります。 カジノをオープンさせるまでには、幾つもの手順を踏んだ上ではじめて可能となるのです。 ここからはその手順と、現段階で終えている部分までを確認してみましょう。 ①IR推進法(カジノ法案)の成立 ↓ ②IR推進本部の設置 ↓

オンカジの賭け条件って何?初心者には謎の単語をわかりやすく解説します!

オンカジの賭け条件とは? オンカジでは登録するだけで30ドルのボーナスマネーがもらえたり、初めて入金した金額に100%分のボーナスマネーがもらえたりします。 このボーナスマネーの額はかなり大きく、これをそのまま引き出せたら嬉しいものです。 しかし、実際にはボーナスマネーをリアルマネーとして引き出すためには、「賭け条件」というものをクリアする必要があります。 ○オンカジ特有の賭け条件とは? オンカジ初心者にとって、この「賭け条件」とは耳慣れない言葉になります。 オンカジでのみ使われている言葉であるため、最初は誰もが何のことなのか分からないものです。 登録や入金で得たオンカジのボーナスマネーは、オンカジのなかではリアルマネーと同じようにゲームに賭けることができます。 しかし、オンカジからリアルマネーとして引き出すためには「賭け条件」のクリアが必要になります。 30ドルのボーナスマネーをオンカジからリアルマネーとして引き出すためには、20倍~50倍の金額をオンカジのゲームに賭ける必要があります(オンカジによって倍率が異なっています)。 50倍の「賭け条件」があるオンカジでは、ボーナスマネーでもらった30ドルを引き出すためには、1500ドル分をオンカジのゲームに賭ける必要があるわけです。 ○オンカジの賭け条件をクリアするのは意外と難しい! 50倍の賭け条件のオンカジにおいて、30ドルのボーナスマネーを引き出すためには1500ドルほど賭ける必要があります。 つまり3ドル賭けられるゲームでは、1500ドル分消化するまで500回かかります。 500回のゲームを終えた後、ボーナスマネーが残っていたら引き出せるようになるわけです。 ボーナスマネーをオンカジからリアルマネーとして引き出すためには、なかなか苦労します。 そのため可能な限り低い賭け条件のオンカジを選ぶことも、有益な選択方法です。50倍よりは20倍の法が引き出しやすいわけです。 高額のボーナスマネーを選びたいものですが、賭け条件のチェックも大事になります。 オンカジの賭け条件の注意点! オンカジの賭け条件をクリアするためには、上記以外のことにも注意する必要があります。 賭け条件には、なかなか細かな条件もついてきます。 ○賭け条件の消化対象にならないゲームもある! 全てのゲームで賭けたお金が、賭け条件の消化につながるわけではありません。オンカジによって、賭け条件から除外されているゲームがそれぞれにあります。 それらのゲームにいくら賭けたとしても、賭け条件クリアのための累積に反映されることはないのです。 賭け条件の除外ゲームとして多いのはジャックポットスロットや、ライブゲームなどになります。