カジノディーラー

カジノディーラー|今後必要になってくるカジノディーラーの仕事内容?

カジノディーラーは、今後需要も高まってくると言えます。平均年収約560万の月収約46万ノカジノディーラーノ仕事についてまとめてあります。 もくじ ・カジノディーラーとは ・今後のカジノディーラーについて ・カジノディーラーに向いてる人 ・カジノディーラーになるには ・まとめ カジノディーラーとは 「ディーラ-」とは、カジノのテーブルゲームにおいて、ゲーム進行やチップの回収、配当などを勧めていく役割です。ゲームの進行役として、黒子であり、主役である華やかなエンターティナーとして大人気です。 その歴史としては、もともとギャンブルの後ろに立って、サポートしていた人のことを(Croupier、クルーピー)とよんでいました。しかし、現在ではディーラーとと呼ばれることがほとんどです。 プレイヤーが勝ったら、配当額を瞬時に判断、計算して湿布を配るのが主な仕事です。無駄のない華麗な、手さばきで、ゲームを盛り上げるのが、ディーラーとしての主役的役割と言えるでしょう。IR方が可決され、日本にも、カジノができてくる未来です。そんな中、ディーラーとしての仕事も増えてくることが予想されますので、カジノディーラーの仕事のついて見ていきましょう。 今後のカジノディーラーについて 今後のカジノディーラーについて解説していきます。 今ではすっかり、アジアのトレンド産業「カジノ」です。 世界一のカジノの売上を誇るマカオでは、3万人ノディーラーがいるのはご存じですか?実は、カジノは、地元の雇用促進に大きく貢献しているんです。 シンガポールや、フィリピン、韓国など、日本の近隣の国では次々とカジノが開業している中、日本でもカジノが合法化されましたね。大型のカジノが日本国内で3箇所開設される予定で、今後多くのディーラーが必要とされていくでしょう。 カジノは、通常24時間営業ですので、ディーラーは1日3~4人での交代制になります。もし、500台ノテーブルが、各カジノでできる際には、4,000人~6,000人のディーラーが必要となります。日本進出を目指す事業者ノなかには、日本人ディーラーの育成に力を入れているところもあります。そして、日本カジノスクールの卒業生が、法案可決後にどんどんシンガポールやカナダ、カンボジアなどで採用されているのは事実です。 今後、回りにもカジノディーラーとして働いていく方が増えたり、スクールに先を見越して通い始める方も少なくないはずです。 カジノディーラーに向いてる人 カジノディーラーに向いている人の特徴を、まとめていきます。当てはまるなという方は、ひとつの選択肢になるかもしれないので参考にしてみてください。 【カジノディーラーに向いている人】・計算が得意・器用・接客がすき・誠実な方 こちらが、主に挙げられるでしょう。カジノディーラーの仕事として主な内容は、最初に記載しましたが、その通りチップを配ったりするので、「計算が得意」な方は向いているでしょう。配当をパパッと計算しチップを配らなければならないですね。そして、華麗な手さばきも必要となってくるので、器用な方も向いていると言えるでしょう。しかし、この2点は、トレーニングでどうにでもなると思います。そして、もちろん接客業のため、接客業が嫌な方には向いてないと言えるでしょう。ですが、場数を踏んでいけば、カジノディーラーのおもてなしについては、自然に身について行くでしょう。最後の、誠実さですが、とっても重要です。なんせ、お金を扱う仕事ですから、雇用時に警察や金融機関などのバックグラウンドがチェックされます。犯罪歴やクレジット履歴がチェックされるので、それがある方は通過はできません。これに通過するのが 第一歩になります。 カジノディーラーになるには カジノディーラーになるにはどうしたらいいのかについて解説していきましょう。 まず一つ目の方法は、「海外のカジノに直接応募する」ことです。

Online Casino

オンラインカジノとランドカジノの違いについて解説

「カジノ」は、聞いたことがある方も多いと思います。 海外へのイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか? カジノは、イタリア語でギャンブルを行う施設のことで、スロットゲームや、ルーレットなど、お金などを賭けて遊ぶギャンブルの事です。 カジノは、もともとヨーロッパから始まったとされていて、ルイ15世の時代のフランスで、上流階級向けや庶民向けの賭博場が広まったことが始まりです。 そのカジノの中に、「ランドカジノ」と「オンラインカジノ」があるのです。 そのオンラインカジノとランドカジノの違いについて確認していくので是非参考にしてみてください。 もくじ✅ ランドカジノとは?✅ オンラインカジノとは?✅ カジノゲームについて✅ まとめ ランドカジノとは? ランドカジノは、オンラインカジノとは違い、実際に店舗を構え運営されています。 日本でも、いずれ国内3箇所にできる予定ですね。 しかし、現状今はないので、店舗でカジノ遊びたい場合、海外にいく必要があります。 一方、韓国やフィリピンなど日本から近いアジア国では合法化されています。 そして、2000件以上のカジノが世界中にあるのは事実です。 日本にもいずれ、観光客を日本に呼び込むようなカジノができれば、もっと身近な存在になること間違いなしですね。 メリットとしては、総合型リゾート施設ができた地域の活性化にも繋がります。 飲食店やサービス業の雇用が新たに生まれたりなど、好循環が起こり始めます。 総合型リゾート施設ができ、観光客を集めることによって、経済も回り、財政難の改善や、雇用促進など様々な効果が期待されるのです。 ランドカジノにはランドカジノの良さがありますノデチェックしていきましょう。 【有名なランドカジノ】 有名なランドカジノを例として挙げて行きましょう。 マリーナベイサンズ(シンガポール) シティ・オブ・ドリーム・マカオ(マカオ) カジノ・ド・モンテカルロ―(モナコ) ベラージオ (アメリカ/ラスベガス) 【メリットとデメリット】

Online Casino

オンラインカジノを始める前に用意すること|備えあれば患いなし

これを読んでいるあなたは、もうオンラインカジノを始める心の準備はできている方でしょうか? それとも何が必要か確認してから始めたい方でしょうか? そんな両方の方々に、わかりやすくまとめました。 「備えあれば患いなし!」 何かを始める前の事前準備は、なんだかわくわくしますね。 新しく始めてみる、チャレンジしてみる際に必要なのは準備であり、一番重要だと思います。 まだ慣れない事で、娯楽や趣味だとしても、始める前にきちんと準備や知識があればスムーズにスタートできますよね。 始める前に、やめてしまうのはもったいないので、ここでしっかりとチェックを一緒にしていきましょう。 もくじ✅ オンラインカジノを選ぼう✅ 利用可能なボーナスの確認✅ 利用可能なデバイスの確認✅ 安心安全なカジノを選ぶ✅ 支払いシステムの確認✅ 物編 オンラインカジノを選ぼう まず始めに、「どのオンラインカジノでプレイしたいか」を決めましょう。 準備と書いてあったので、何が必要か知りたかった方すみません。 しかし、なぜ最初にしておいてほしいことが、オンラインカジノ選びなのか。 それは、物の準備だけしておいても、どのオンラインカジノで遊びたいか決まっていなければ、準備万端なだけでスムーズに、始めることができないかと思います。 ですから、まず最初に、 ①どんなゲームで遊びたいのか を決めます。 ブラックジャックがしたいのか、ルーレットなのか、バカラかキノやクラップスなのか、どんなゲームがしたいのかを明確にしましょう。 もちろん、複数あるならそれでも構いません。そこを明確にすることが要になります。 そうすれば、次にどのオンラインカジノなら、その①のゲームがプレーできるのかが見つけやすいですね。 ということで ②どのオンラインカジノでプレイするか を決めましょう。 ここでは、①で準備したゲームがあるオンラインカジノを探せばいいのでハードルは低くなります。 オンラインカジノで利用可能なボーナスの確認 オンラインカジノには、ランドカジノに比べてボーナスがあります。 これは、オンラインカジノの独特の特権であり、オンラインカジノのサイトに登録したり、入金するともらえたりします。

Online Casino

オンラインカジノとは?歴史や人口などまとめました!

まず始めに、ご覧いただきありがとうございます。 こちらの記事を読んでくださっている方は、これからオンラインカジノを始めようとしている方や興味のある方ばかりかと思います。 この2020年、時代がガラッと変わりましたね。 「オンライン」や「リモート」が、このコロナの影響で、一気にになじみのあるものになり、オンラインで授業を受けたり、習い事をしたりすることが当たり前に変わったこの環境で、オンラインカジノを始めた方も多いのではないでしょうか。 そんな中、オンラインカジノは聞いたことがあるけど、まったく何かわからない方にもわかりやすく情報をまとめました。 もくじ✅ オンラインカジノとは?✅ オンラインカジノ誕生の地は?✅ プレイヤー人口は?✅ 日本でもオンラインカジノってできるの?✅ まとめ オンラインカジノとは? オンラインカジノとは、オンラインで楽しめるカジノの事をさします。 インターネット環境と、パソコンや携帯、タブレットさえあれば、24時間、いつでもどこでも本場のカジノを味わう事ができます。 オンラインで、時間制限もなく、おうち時間や通勤時間、お仕事の休憩時間や美容院の待ち時間などのどんな隙間時間でも遊べることができてしまうのが一番の魅力かと思います。 そこでランドカジノとの比較をしてみましょう。 まず、ランドカジノとは、ラスベガスやマカオにあるような、店舗型のカジノの事をいいます。 もちろん海外にいかなければ遊ぶ事はできません。 日本にあるパチンコでも、店舗に行かなければなりませんよね。 このご時世で人が集まるとこには、できるだけ避けたいです。 そんな時のおすすめは、オンラインカジノですが、他のメリットもチェックしてみましょう。 オンラインカジノのメリット ・海外にいかなくてもいい →その分カジノであそべるかも ・24時間いつでもできる →時間の有効活用 ・ゲームの種類が多い →中には2000以上種類があるカジノも! ・ボーナスで資金を増やせる →登録時や初回入金時に貰え、イベントなどもたくさんありボーナスのチャンス

online casino

オンラインカジノ還元率とは?本当に稼げるのか検証!

オンラインカジノをするにあたって一番気になるのは、やっぱり「本当に稼げるのか?」というコトですよね? 「オンラインカジノは他のギャンブルと比べてとっても稼ぎやすいギャンブル」と言われているのですが、稼ぎやすいってどういうコト?と思いますよね。 オンラインカジノはギャンブルですから、もちろん必ず稼げるわけではありません。 しかし、他のギャンブルと比較したときに、稼ぐ見込みが高いといえるギャンブルなのです。 ココでは、「稼ぎやすい」と言われている「還元率」について解説していきたいと思います。 オンラインカジノ還元率とペイアウト率の違いとは? オンラインカジノでよく耳にする「還元率」と「ペイアウト」ですがコノ2つの違いは何なのでしょう? この2つの言葉はほぼ同じ意味で使われていますが、厳密に言うと少し違いがあるのですよ。 まずはこの2つの言葉の違いを説明しておきましょう。  【還元率とは?】 還元率とは、ギャンブルにおける「プレイヤーが賭けた金額に対して、ギャンブル運営側が支払う勝ち金の割合」のコトをいいます。 例えば、1万円賭けて最終的に手元にある合計額が8,000円となった場合、還元率は80%ということになります。 【 ペイアウト率とは?】 ベットされたチップの枚数に対する払い出し枚数の比率を指します。 オンラインカジノのゲームはゲームごとにペイアウト率が設定されており、ゲーム数を消化すればするほど設定された値に近づいていく仕組みです。 このように「還元率」と「ペイアウト率」は意味合いが少し異なります。 オンラインカジノの場合、各ゲームに設定されたペイアウト率があり、各々のプレイヤーがそれぞれのゲームでプレイした結果、カジノサイト全体としてプレイヤーに払い出された金額をもとに還元率が決まります。 厳密には意味合いの異なる言葉ですが、オンラインカジノにおける還元率とペイアウト率は繋がっているため「還元率(ペイアウト率)」を同じ意味として使われるのです。 オンラインカジノ還元率:主なギャンブルの還元率の比較 ココでは、オンラインカジノと他のギャンブルの還元率の違いを見てみましょう。 ・オンラインカジノ  約97% ・パチンコ・パチスロ 約80% ・競馬        約70%

online casino baccarat

ネットカジノとは?誰もが気になる違法性や危険性を徹底解説します

ネットカジノという言葉を聞いたことはありますか? ネットカジノとは、リアルなお金を賭けてインターネット上でカジノゲームをプレイすることができるサービスです。 今回は、ネットカジノの違法性や危険性について解説していきます。 ネットカジノとは? ネットカジノとは、リアルマネーを使用してインターネット上でカジノゲームを楽しむことができるサービスです。 「オンラインカジノ」や「インターネットカジノ」と呼ばれる場合もあります。 ネットカジノは、インターネット環境さえ確保できれば24時間365日どこででもパソコンやスマホ、タブレットなどでカジノゲームをプレイすることができます。 ランドカジノの場合は時間をかけてカジノ施設まで足を運ぶ必要がありますが、ネットカジノではその必要はなく手軽にカジノゲームを楽しめるのが最大の魅力となっています。 また、ランドカジノでは実施されていない「ボーナス」や「キャンペーン」などのイベントがネットカジノでは多く実施されており、お得にカジノゲームをプレイすることができます。 ネットカジノは違法ではないの? ネットカジノを初めてみたいと思った時に「ネットカジノは違法ではないのか」という点を多くの方が気になるかと思います。 日本においては、競馬や競艇、競輪、宝くじなど国が認めたギャンブル以外は全て違法となります。 そのため「ネットカジノは違法」と考えることもできます。 しかし、ネットカジノは日本で運営されているのではなく、海外にてその国が発行する「運営許可証(ライセンス)」を取得して正当かつ合法的に運営されているのです。 現在、日本においてはネットカジノの運営者とネットカジノプレイヤーを罪に定める法律がないことから「違法でもなく合法でもない」という状態が続いています。 つまり、法律のグレーゾーンに位置していることになりますが、ネットカジノをプレイしたからといって逮捕される可能性は極めて低いと言えます。 ネットカジノに危険性は潜んでいないの?信頼できるネットカジノの見極めるポイントをご紹介 一言で「ネットカジノ」と言ってもかなりの数のネットカジノサイトが存在しています。 その中には、国発行のライセンスを取得していないサイトや不正、詐欺目的で運営しているサイトもあります。 ネットカジノはどこのサイトも安心して遊べるサービスではないということを必ず覚えておいてください。 では、安心してカジノゲームをプレイするために「信頼できるネットカジノの見極めるポイント」を4つに厳選してご紹介していきます。 信頼できるネットカジノの見極めるポイント 1.国が発行するライセンスを正当に取得し、合法的に運営されているか 国が発行するライセンスを取得して合法的に運営されているネットカジノは信頼できるサイトの可能性が高いです。 反対に、ライセンスを取得せずにネットカジノを運営しているサイトは違法目的で運営している可能性が高い傾向があるため、ライセンスの取得の有無は必ず確認するようにしましょう。

オンラインカジノを遊ぶことは違法にならない?納得して遊ぶために知識を得よう!

オンラインカジノを遊んでも違法にならない! 海外に運営の拠点を持っているオンラインカジノは、その拠点がある国や地域でライセンスを取得している合法的な存在です。 オンラインカジノが合法なことは、各国政府が発行しているライセンスを所持していることで一目瞭然です。 しかし、日本国内では一般的にギャンブルは禁じられています。 そこで思い浮かぶことは、オンラインカジノを日本で遊ぶことは違法行為にならないのか?ということです。 今回はその疑問に対する答えを紹介していきます。 ○オンラインカジノを日本で遊んでも違法にならない理由! 日本ではギャンブルをすることを禁じている法律があります。競馬や競艇、競輪といった公的なギャンブルを除いては、本来は違法になります。 しかし、パチンコ店などで遊んでいても逮捕されることはありません。パチンコ店は景品を提供し、景品をお金と交換するという手法を使うことで法律のグレーゾーンをついて経営しています。 一方、オンラインカジノでは現金のやり取りをしています。どうして違法な行為として罰せられないのでしょうか? オンラインカジノのプレイヤーを罰するために使えそうな法律は、「賭博罪」という法律だけです。 ですが、「賭博罪」の法律が対象としている範囲に、オンラインカジノは厳密には含まれないのです。 ○賭博罪で違法となるのは日本国内で主催されているギャンブル行為! ギャンブルを日本国内で堂々とすれば、もちろん賭博罪に抵触することになり違法です。 日本国内に「公営以外のギャンブル場を作ることは認められていない」からです。これは法律で定められているため、ビルの一室で勝手にギャンブル場を作って運営すれば逮捕されることになります。 ですが、賭博罪が適応されているのは、あくまでも「違法なギャンブル場」に関わった人々です。 賭博罪は「違法なギャンブル場」を主催することと、そこで遊ぶことを罰する法律になります。 では、「各国政府から合法と認められているオンラインカジノ」、つまり「合法なギャンブル場」を遊ぶ人々に、この法律が使えるのでしょうか? 答えとしては、事実上、使えません。 ○「違法なギャンブルを遊ぶからダメ」というのが賭博法! そもそも賭博法は、オンラインカジノというギャンブルのスタイルが無かった時代に作られた法律です。 昔は国境を越えてギャンブルを行うための方法はなかったため、「国内に建設された違法なギャンブル場」でしか、ギャンブルができなかったわけです。 そのため賭博法は「違法なギャンブル場を取り締まる」のが目的の法律であり、オンラインカジノという合法なギャンブル場を取り締まるために作られてはいない法律です。 「違法なギャンブル」と「合法なギャンブル」は大きな違いがあり、前者を遊ぶことを禁じる法律で、後者を遊ぶことを禁じることは矛盾します。 「違法なことをしたからダメ」には納得がいきますが、「合法なことをしたからダメ」というのはおかしいですよね?

オンラインカジノと税金の関係について!賞金に税金がかかるって本当?

オンラインカジノと税金の関係は?いくら勝ったら払う? ここからはオンラインカジノの賞金にかかる税金について、具体的に基準から見ていきましょう。 冒頭で説明の通り、賞金に対して原則として税金がかかります。 そして税金がかかる対象は、年間を通して利益が50万円を超えた方のみです。 ギャグを言えば年間の利益が50万円以下の方には、税金がかからないということになります。 これはオンラインカジノの賞金による利益が、日本の法律では「一時所得金」として処理されるからです。 つまりオンラインカジノの賞金は所得税に振り分けられ、さらにその中の一時所得という項目に分けられます。 そしてこの一時所得には、あらかじめ設定されている控除金額があるのです。 この控除金額とは50万円となっており、このことから年間利益が50万円以下の場合には支払い義務が発生しないというポイントに繋がっています。 利益が50万円までであればこの控除金額によって相殺されるため、支払うべき税金は発生しないのです。 具体的な税金の支払い金額の計算式は以下となります。 「年間利益➖控除金額50万円=課税対象金額」 ↓ 「課税対象金額✖️1/2=支払う税金」 です。 控除金額の50万円を超える利益を年間で得た場合、その利益総額から控除金額である50万円を引いて課税対象の金額を算出します。 課税対象金額が決定したら、その金額の半分が納税額です。 そのため一時所得の半分を納税する義務がありますが、50万円までは控除をしますよという法律となっています。 ギャンブルであることを理解する必要性 オンラインカジノの賞金による利益の獲得は、ギャンブルでの利益獲得であるという認識が必要となります。 なぜならギャンブルの場合、支出に関しての計算が他の項目と異なるからです。 通常であれば利益の勘定には、得た利益とそれを得るために支出をした金額の差し引きで最終利益を計算します。 そのため例えば100万円の利益が年間であったとしても、支出が50万円あった場合には最終利益は50万円なのです。 「年間利益100万円➖年間支出50万円=最終利益50万円」 となり、この場合であれば課税対象金額は100万円ぶんの利益ではなく50万円となります。

カジノ法案ってどうなった?最新の情報を気になる候補地まで徹底公開!

カジノ法案ってそもそもどんなもの? カジノ法案もとい統合型リゾート(IR)整備推進法案とは、統合型リゾートであるIRをつくることで観光客を多く呼び込みましょうという内容の法案です。 統合型リゾートを整備することで観光を盛り上げ、その経済効果によって財政難を乗り切るための法案となっています。 そしてこの統合型リゾートの中にカジノ施設が含まれていることから、通称カジノ法案と呼ばれているのです。 つまり観光客を呼び込む統合型リゾートを整備するために、カジノを合法化した流れとなっています。 ちなみに統合型リゾートとはカジノが含まれているだけに過ぎず、なにもカジノメインの施設というわけではありません。 ホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設などカジノ以外にも多くの施設を含めた複合型の観光集客施設を指すのです。 カジノ法案の懸念材料とは? カジノとは娯楽のもとで大きなお金が動く、ギャンブルであり賭博を行う施設となります。 しかもそれを合法として整備していくため、カジノが出来ることに対しての懸念が心配されているのです。 具体的には「ギャンブル依存性」、「治安の悪化」、「マネーロンダリング」となっています。 1つ目のギャンブル依存性は、既存の公営ギャンブルでも既に問題となっているものです。 こちらに関しては先に「ギャンブル等依存症対策基本法」が成立しており、この問題に対する具体的な指針はこの先決定きていくこととなっています。 またカジノに関しては、入場料の徴収や入場制限を定めることで問題の解決を図る方針です。 2つ目と3つ目の治安の悪化とマネーロンダリングについては、何かしらの対策は確実に取られることでしょう。 今後どのような方針が打ち出されるのか、注目の部分となっています。 カジノ法案が成立したもののカジノオープンはいつになる? 2016年にカジノ法案の成立がなされ、その後も着々と進められているもののいつカジノはオープンするのでしょうか? その答えはカジノができるまでの流れにあります。 カジノをオープンさせるまでには、幾つもの手順を踏んだ上ではじめて可能となるのです。 ここからはその手順と、現段階で終えている部分までを確認してみましょう。 ①IR推進法(カジノ法案)の成立 ↓ ②IR推進本部の設置 ↓

オンカジの賭け条件って何?初心者には謎の単語をわかりやすく解説します!

オンカジの賭け条件とは? オンカジでは登録するだけで30ドルのボーナスマネーがもらえたり、初めて入金した金額に100%分のボーナスマネーがもらえたりします。 このボーナスマネーの額はかなり大きく、これをそのまま引き出せたら嬉しいものです。 しかし、実際にはボーナスマネーをリアルマネーとして引き出すためには、「賭け条件」というものをクリアする必要があります。 ○オンカジ特有の賭け条件とは? オンカジ初心者にとって、この「賭け条件」とは耳慣れない言葉になります。 オンカジでのみ使われている言葉であるため、最初は誰もが何のことなのか分からないものです。 登録や入金で得たオンカジのボーナスマネーは、オンカジのなかではリアルマネーと同じようにゲームに賭けることができます。 しかし、オンカジからリアルマネーとして引き出すためには「賭け条件」のクリアが必要になります。 30ドルのボーナスマネーをオンカジからリアルマネーとして引き出すためには、20倍~50倍の金額をオンカジのゲームに賭ける必要があります(オンカジによって倍率が異なっています)。 50倍の「賭け条件」があるオンカジでは、ボーナスマネーでもらった30ドルを引き出すためには、1500ドル分をオンカジのゲームに賭ける必要があるわけです。 ○オンカジの賭け条件をクリアするのは意外と難しい! 50倍の賭け条件のオンカジにおいて、30ドルのボーナスマネーを引き出すためには1500ドルほど賭ける必要があります。 つまり3ドル賭けられるゲームでは、1500ドル分消化するまで500回かかります。 500回のゲームを終えた後、ボーナスマネーが残っていたら引き出せるようになるわけです。 ボーナスマネーをオンカジからリアルマネーとして引き出すためには、なかなか苦労します。 そのため可能な限り低い賭け条件のオンカジを選ぶことも、有益な選択方法です。50倍よりは20倍の法が引き出しやすいわけです。 高額のボーナスマネーを選びたいものですが、賭け条件のチェックも大事になります。 オンカジの賭け条件の注意点! オンカジの賭け条件をクリアするためには、上記以外のことにも注意する必要があります。 賭け条件には、なかなか細かな条件もついてきます。 ○賭け条件の消化対象にならないゲームもある! 全てのゲームで賭けたお金が、賭け条件の消化につながるわけではありません。オンカジによって、賭け条件から除外されているゲームがそれぞれにあります。 それらのゲームにいくら賭けたとしても、賭け条件クリアのための累積に反映されることはないのです。 賭け条件の除外ゲームとして多いのはジャックポットスロットや、ライブゲームなどになります。