net casino

テキサスポーカーとは?ルールや、役など徹底解説します!

日本でも注目度が高まっているテキサスポーカー。

現在、ポーカーといえばこのテキサスポーカーが主流となっています。

テキサスポーカーは通常、プレイヤー同士の対戦となるため、スキルや戦略で勝利する事が出来る、カジノゲームの1つです。

今回はテキサスポーカーの、ルールや約について、解説していきたいと思います。

texas poker

テキサスポーカーの役について(ハンド)

texas poker

ポーカーを始めるには、ポーカーハンドと言われる役を覚える必要があります。

麻雀と一緒でこの役には強いものと弱いものがあり、より強い手札で上がった方が勝ちとなります。

「ロイヤルストレートフラッシュ」が一番強いハンドになり、順に弱くなっていきます。

一番弱い役は「ワンぺア」です。

何も役がなければ、「ハイカード」と呼びます。

テキサスポーカーのルール

まず覚えておく必要がある事があり、テキサスポーカーではゲームが始まると、プレイヤー間でチップの貸し借りは出来ません。

ベットするチャンスは4回以上あり、そのたびに賭け金もアップします。

ゲームを続けるか、やめるかの選択は自分次第。

最後まで残ったプレイヤーが賭け金総取りとなるため、賞金は大きいです。

ゲーム開始時、「親」となる「ボタン/DEALER」を決め、プレイヤーはそれぞれカード一枚引きます。

一番強いカードを引いた人が「ボタン」となって、[DEALER]の目印がテーブルに置かれます。

テキサスポーカーのルール:プリフロップ

テキサスポーカーでは2枚の手札が配られた直後の場面を『プリフロップ』 と呼びます。

この時に自分が座っている場所によってできることが違ってきますのでしっかり学習していきましょう。

ボタンの左隣が『SB(スモールブラインド)』、更にSBの左隣が『BB(ビッグブラインド)』と呼ばれます。

各プレイヤーに2枚のカードが配られ、BBはそのテーブルで決められた最低ベット額を、SBは最低ベット額の半分の額を強制的にベットしなければいけません。

それから、BBの左隣のプレイヤーは『UTG(アンダー・ザ・ガン)』と呼びます。

UTGは、BBのベット額に対してゲームを続けるか、降りるかを決めます。

この時点では配られた2枚のカードしかありません。

その時点で、決断をしなければならないのです。

フォールド(降りる)か、コール(BBと同じ額をベット)して続けるか、レイズ(ベット額を上げる)する事が出来ます。

プリフロップでは、チェック(パス)は使用出来ません。

誰かがレイズした場合、次のプレイヤーは、レイズの額でコールかフォールド、更にレイズするかを決めなければなりません。

ボタンまでゲーム続行するか否かの選択が終わると、強制ベットであるSBとBBにゲーム続行するか否かの選択が与えられます。

プリフロップの最後であるSBとBBに与えられたアクションを「オプション」と呼びます。

オプションでSB、BBがレイズした場合、他のプレイヤーもそのレイズ額で、コールかレイズ、またはフォール度するかを決めます。

次のステージに進ためには、ゲームを続行するプレイヤー全員が同じベット額でないといけません。

プレイヤーが同じベット額になったところで、次のステージに進み、全員のベット額がポットに集められます。

これがプリフロップと呼ばれる場面で行われます。

テキサスポーカーのルール:フロップ

プリフロップが終わると次にフロップという場面の展開になります。

フロップでは、テーブルの中央に3枚のカードが表向きに開かれます。

中央に開かれたカードはプレイヤー全員が使う共通カードで、『コミュニティカード』と呼びます。

手持ちの2枚のカードと、中央のコミュニティカード3枚を合わせた5枚で、どんな役が作れるか、そしてこの後どんな役を作る事が出来るかを考えます。

SBから再び、チェック、ベット、フォールドを決めます。

ベットする場合には、再度チップを置き、そのベット額に対して、他のプレイヤーもコールかフォールド、レイズするかを決めます。

ここで強気でくる人は、良いハンドを持っているかもしれません。

しかし、他のプレイヤーをフォールドさせる作戦の可能性もあります。

この心理戦こそが、ポーカーの醍醐味なのです。

この時点で役ができていれば、この後更に良いハンドになるかもしれません。

ですが、他のプレイヤーのハンドも考慮しましょう。

時には、ハイカードで終わる事もありますが、他のプレイヤー全員がフォールドすれば勝つことも出来ます。

テキサスポーカーは、駆け引きも非常に大事になってきます。

フリフロップと同じく、全プレイヤーのベット額が揃うまで続けます。

仮に、全員がチェックで回したとなれば、ベットなしで次のステージにいきます。

コールがあり、2人以上のプレイヤーが残っていれば、これまでのプレイヤーのベットは、ボットに追加され、次のステージにいきます。

残ったプレイヤー全員がオールイン(全額勝負)すれば、この時点でショウダウン(ハンドをオープン)し、コミュニティカードが5枚全て開かれ、勝敗を決めます。

テキサスポーカーのルール:ターン

全員のフロップが終わると、コミュニティカードの4枚目のカードが表向きに開かれます。

フロップと同様にプレイヤーがチェックで回すか、または皆のベット額が揃うまで各プレイヤーに回ります。

オールイン対決となると、ショウダウンし、コミュニティカードが全て開かれ、勝敗を決めます。

テキサスポーカーのルール:リバー

コミュニティカード最後となる、5枚目のカードが表向きに開かれます。

ターンと同じで、チャック、コール、フォールド、レイズをプレイヤーのベット額が揃うまで、各プレイヤーに回ります。

これが一連の流れになります!

テキサスポーカーについて:まとめ

texas poker

今回はテキサスポーカーの、ルールなどについて解説させて頂きました。

少し複雑に感じる方もいると思いますが、プレイ回数を重ねると簡単に理解する事が出来るゲームです。

相手を良く観察し、手を読む。

良くないハンドでも、戦略を使い勝つ事が出来る。

非常に奥が深いゲームです。

ただルールを覚えるまでちょっと時間がかかるので、オンラインカジノに登録して、慣れるまで他の人のプレイを見学するのも良いと思います。

是非この機会に、初めてみてはいかがでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *